×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


小田和正

目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

小田 和正(おだ かずまさ、1947年9月20日 - )は、日本ニューミュージックフォークシンガーでありシンガーソングライター
オフコースボーカルリーダー。株式会社ファー・イースト・クラブ(FAR EAST CLUB INC.)代表取締役社長。

概略

将来、建築家を目指していた小田は高校時代から同級生らと続けてきたフォークグループ「ジ・オフ・コース」のアマチュア音楽活動の有終の美を飾るべく、自信をもって臨んだ「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」で不本意にも2位になったことで、「オフコース」として、プロの道を歩み出すことになる。

数年間は売れない時代が続いたが、やがて、1970年代から1980年代にかけて、次々とヒット曲を生み出し、時代を代表する人気グループとなった。オフコース時代のシングルのA面のほとんどは小田の曲であり、そのシンプルで、ストレートに愛を歌う歌詞とハイトーンの澄んだボーカルはオフコースの大きな特色であった。オフコース時代のヒット曲には「さよなら」「Yes-No」「君が、嘘を、ついた」などがある。

オフコース時代から、ソロ活動は始めてはいたが、1989年のオフコース解散以後に活動を本格化させる。特に、1991年の『東京ラブストーリー』というトレンディドラマの主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』が大ヒットし、オフコース時代にも達成できなかった「オリコンシングルチャート第1位」と 「シングルのミリオンセラー」の達成を一挙に成し遂げ、それ以降の曲もヒットを重ねている。

またオフコース時代にはほとんどなかったCMとのタイアップや、他のアーテストへの楽曲提供や、コラボレーションも行うようになった。また、初めて持ったテレビのレギュラー番組は大変な反響を呼んだ。また、音楽以外の分野では映画やドキュメンタリーの制作なども行った。

来歴

建築家藤森照信は学部時代からの友人。

オフコース時代

詳細はオフコースを参照
  • 1970年 「ジ・オフ・コース」というグループ名でシングル『群衆の中で』(作詞:山上路夫・作曲:BETTY DEAN・編曲:馬飼野俊一)でデビュー
  • 1973年、初めて自身の作詞・作曲した曲、『僕の贈りもの』がシングルとしてリリースされる。この曲からグループ名が「オフ・コース」になる。

その後オフコースとして数々のシングルやアルバムを発売するも、なかなか売れない時代が続いた。当時は時代的に思想的なメッセージ性の強い曲が受けていたので、オフコースのようなストレートに愛を歌うグループは冷ややかに見られ、客席から「帰れ!」とブーイングされたこともあったという。同じ事務所の杉田二郎のバーター(知名度を上げるため、事務所の先輩の出演する番組に抱き合わせで出演)としての活動が多く、ラジオのDJもやっていたが、受けなくて苦痛だったという。当時、大人気だったかぐや姫井上陽水の活躍を横目に辛い時期を過ごしていた。しかし、地道にコンサート活動を続けてきた結果、徐々に『眠れぬ夜』、『秋の気配』、『愛を止めないで』とスマッシュヒットを重ね、1979年12月に発売されたシングル『さよなら』(小田和正 作詞・作曲)が72万枚(オリコン最高位2位)の大ヒット、一躍人気ニューミュージックバンドとなった。

シングルA面は主に小田が手掛けており、『Yes-No』、『I LOVE YOU』、『YES-YES-YES』、『言葉にできない』、『君が、嘘を、ついた』、『君住む街へ』などのヒット曲を生み出す。

シンコペーション転調を多用した印象的なメロディや、行間のある叙情的な作詞は、オフコース時代に小田和正のものとなった。

  • 1981年 11月23日 NHK教育テレビのドキュメンタリー番組『若い広場』でオフコースとして初めてのテレビ出演。
  • 1982年
    • 1月22日〜6月30日まで、「Off course Concert 1982 “over”」 全国28ヶ所69回公演の全国ツアーを行う。
    • 9月3日、ファンクラブの手伝いをしていた女性と結婚。(現在、子供はいない)

ソロ活動の成功

オフコース在籍中の1985年に、松任谷由実財津和夫との共作でリリースしたシングル『今だから』がヒット。翌1986年にシングル『1985』でソロデビュー。1989年、オフコース解散と同時にソロ活動を本格化させる。

1991年フジテレビ月9ドラマ東京ラブストーリー』の主題歌として制作した楽曲『ラブ・ストーリーは突然に』が、ドラマと見事なコラボレーションを成し、ドラマ・主題歌共に大ヒット。オフコース時代に叶わなかった、「オリコンシングルチャート第1位」と「シングルミリオンセラー突破」を一挙に成し遂げた。

その後は、ヒットメーカーとしての地位を確立し、楽曲はドラマ・CMなどに積極的に採用され、『伝えたいことがあるんだ』、『キラキラ』。『まっ白』などのヒット曲を生み出している。また、オフコース時代を含む過去の楽曲を集め、新アレンジで再録音したアルバム『LOOKING BACK』『LOOKING BACK 2』や『自己ベスト』は、原曲を聴き慣れたファンからは賛否両論を呼びつつも、幅広い年代に支持される大ヒットとなり、改めて小田サウンドの力を見せつけた。

テレビでの活動

オフコース時代よりテレビというメディアには不信感を抱いており、めったに出演しないことで有名であったが、ソロ活動を始めて以降、ネスカフェCM出演を皮切りに、自身の露出にも関心を持つ。しかしいわゆる普通の音楽番組にはほとんど出演しないことからも分かるように、制作段階から自身の構想や意見を反映できる余地のないオファーは論外のようだ(ネスカフェのCMも、自分の注文が受け入れられたからOKしたと語っている)。

2001年クリスマスの約束』の成功により番組は毎年制作され、ファン層の広がりやCDの売り上げなど、テレビ出演が自身の音楽活動に強く影響することを実感したと思われる。2004年には『クリスマスの約束』の発展形である『風のようにうたが流れていた』を、3ヶ月間毎週放送の自身初TVレギュラー番組として制作。制作に当たっては、時間的制約の中で選曲や練習、観衆の中での本番と、大変な奮闘だったようだが、ここでもまた達成感と共に意識変化があったと見え、「やるかやらないか」の選択時「やらなければ"ゼロ"、やれば"何か"が残る」と、積極的なコメントが聞かれるようになった。 2005年には17年ぶりに企業CM出演の依頼も引き受けた。

もっと詳しい説明


よくぞ、こういう番組を作ってくれました。本当に貴重な作品です。オフコース5人でのレコーデイングの様子など、もう2度と見られないのかもしれないのですから。最初はわりかし、和やかな感じでアルバムを作り始めているのですが、段々と真剣になっていきます。彼らが如何に真剣に音楽に取り組んでいたのかが伺えます。(今もそうですが。)しかし、この時オフコースは解散問題を抱えていました。小田さんの発言等聞いてみると、若干その問題の片鱗が伺えます。(どこが、とは敢えて書きませんが。)名曲「哀しいくらい」の歌詞を何回も書き直し、喉を痛めて歌っていた小田さん。「愛の中へ」での、小田さんと鈴木さんとのレコーデイングの様子での二人のハーモニーの美しさ。この「若い広場」の作品の素晴らしさは一言で語りつくせません。
中学生の頃にオフコースと出会い、以来ファンになって19年。この映像はビデオで見ました。5人の映像としては最後ですが、5人から創り出されたアナログの奥深い音は、最近の音楽では味わえません。今、33歳ですが、この歳になって本当の意味で彼らの音や詞の奥深さが身に沁みます。小田さんが突出して目立って見えるオフコースですが、5人であったことがバンドらしさを醸し出し、小田さんの創るせつない歌の一つ一つに人間らしさを与えていたことが理解できる映像だと思います。 オフコースとの出会いは、僕の一生の宝物です。 このDVDを購入されることをお勧めします。
DVD4枚組で安いとは言えない値段だが中身はきわめて濃い。自分の出会った曲の演奏で自分の半生を振り返る、という下手をすれば単なるカラオケ大会になりかねない難しい企画を、演奏力でねじ伏せてストーリーを作っている。テレビ放映に比べると収録曲は増えているが、増えた曲がまたなかなかいい。テレビで放映されなかったMCも面白かった。 小田和正のキャリアの中でオフコースは多くを占めているが、この番組の中では、そのオフコースのキャリア自体も相対化された位置づけに置かれている。それが小田和正にとっての現実なのだろう。

他人の歌を歌ったり(夜空ノムコウ)小田さんが笑ったり、泣いたりでオフコース時代しか知らない人には考えられない程にバリエーションぶりでとにかく驚かされます。しかしもっと驚くべき事が昔と変らぬほどのハイトーンの透明感あふれる美しい声。50を過ぎた男性とは思えない本当に美しい声。これには驚嘆の一言しかありません!!! また曲もオフコース時代のヒット曲も満載で昔のオフコースファンにも楽しめます。 べストCD聞くよりいいかも?
小田さんといえば・・・そう!思い当たるのが『オフコース』だと思います。 小田さんの『オフコース時代』は、ロックに近い曲調の曲を ガンガン『楽しんでいた』ようなきがします。  しかし、この『小田和正 ソロアルバム』『そうかな』は、2000年以降に小田さんが CDシングルを出版し、TVCMに採用されたり、ドラマの主題歌へ採用されたり、あらゆる分野で 聴くことの出来る『小田さんの曲』を集め、収録したものです。 @の『まっ白』をはじめ、Bの『大好きな君に』、F『たしかなこと』など、 『小田和正』としての『名曲中の名曲』が完全にそろっています。  このアルバムは、買う価値ありですね。

あまりの情報量で全てを見て聞くのに時間はかかるけれども、これは外せない。貴重な映像は何にも代え難い物だと思う。解散してなお、これほどまでにアルバムやDVDが発売されていること自体が奇跡に近い。いつの時代になってもオフコースの音楽は新しく、そして聴く人の胸を打つことの証なのだと思う。

オフコースの最新ベスト盤「ai」発売で本作の評価が高まった感がする。発売元の東芝EMIは商業主義的な会社で、アーティストの意向にそわずにベスト盤を発売し、アーティストとの亀裂による他レーベルとの移籍が多い。特にオフコースのような解散後に根強い人気があり、ベスト盤がアーティストの意向無しに量産される今、アーティストであるバンドとしてのオフコースが存在した時期のリアルタイムのベスト盤は、アーティスト主体としてのベスト盤として評価出来ると思う。

正式な解散発表をせずにこのTVプログラムに託すというやり方を 選んだのはオフコースらしい選択だったと今は思います。 彼等の演技は決して達者とはいえず、編集もかなりラフ(これも意図的?) ですが当時の人気からすれば許容範囲だったかもしれません。 9月になればとか、5年後とか 劇中の意図的な台詞の中に彼等なりの 未来を詰め込んだのかなとも思えます。 練習シーンのカメラワークやカット割は4人組オフコースのPVや The Best Year..と驚くほど似ていることに気づかされます。 本編が充分な糧となってのことでしょう。

ただのビデオクリップと思ってはいけない。 この作品は、オフコースによる短編映画集と言っても過言ではない。 コミカルなタッチの「夏の日」、再起を賭けた元ボクシングチャンピオンの物語を題材に、 曲のイメージを無限大までふくらませた「緑の日々」。 オフコースの楽曲同様、音楽と映像の見事なハーモニーに心を射抜かれること間違いなし。 古くからのファンであれば、かつて発売されていたビデオをすり切れるまで見たことと思う。 自分もそんな一人。 そんな人も、オフコースを最近知った人も、是非見て欲しい作品です。

これまでの小田さんに関するインタビュー本の中では、インタビュアーの力量(小田さんの人物像を浮き彫りにし、読者に素の小田和正を伝えようというテクニックというよりも、事前に良く学習していること)も随所で理解でき、且つ分かりやすく、かなり読み応えがある本です。小田さんのYassさんに対する、友情を遥かに越えた想いは相当なものだったこと、Off〜〜 Courseや当時のメンバーに対して正当にコメントしていることが興味深いです。

言葉を言い放つことは簡単。文字になって残ると言うことは容易いことではない。「竹田の子守歌」はその美しさが黙殺された曲だった。「赤い鳥」が歌えなくても、off courseはアルバムに残していた。 山本潤子さんとの語りには、そんな重さはないけれども、二人の信頼関係が活字からも伝わってくる。DVDを見ながら、この本を開くと小田さんの世界に浸りきることが出来る。

非常に密度の高い曲が並ぶ黄金期のセレクション。 ビートルズでいえば「青盤」である。 メロー&ファンタスティックは「We are」の謳い文句だが、まさにこのアルバムはそれを指している。 「風に吹かれて」〜「I LOVE YOU」まで全員参加の好演で、 小田、鈴木、松尾各人ともすばらしい曲を作ったものだ。 またシングルにこだわっていない選曲も好感がもてる。 最後に「I LOVE YOU」の声がすこし変なのはピッチ操作があってのことだと思う。 おそらく後半にかけての盛り上がりに勢いが足りないと判断してのことかな。

1975年に発売されたオフ・コースの初期の名アルバムと呼ばれているものです。 アルバムの初出から30年以上経ちました。聴き始めてからも30年近く経ちましたが、今でもその歌に込められたメッセージは色褪せることなくエバーグリーンの輝きを保っている作品集です。 小田和正も鈴木康博も素晴らしいコンポーザーだとあらためて感じました。当時としては斬新なコード進行で構成されており、二人の高い音楽性の表れだと感じました。ストレートなメッセージがリスナーの心の奥深いところに届きます。 ここに収められた12曲全てがいとおしく、珠玉の曲ばかりのアルバムだといっても良いでしょう。歌詞もメロディもハーモニーも歌もトータルに完成された曲ばかりだというのは、いかに彼らがこのアルバムに精力を注いだかの現れだと思います。

初めて聴いた時はゆっくり過ぎる気がしたのですが、じわじわと染みて来る優しい音色に、早すぎたのは自分の心だったと気付かされました。 いかにもシンセサイザーの様な、頭にキンキンと同じ音が残るCDで失敗した経験が有っただけに、柔らかい音色で聴く小田さんのメロディーに大満足です。今年の秋の夜は是非、この音色に包まれてみてはいかがですか。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク