×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ハイパー検索


薬剤師ガイド



薬剤師情報

日本薬剤師会
日本薬剤師研修センター
薬剤師認定認証機構
薬剤師ゆうの薬の話
薬剤師カフェ
臨床薬剤師を目指そう
薬剤師物語
お気楽薬剤師
くすりの話
薬剤師略語辞典
薬剤師になる!
医学百科
家庭の医学

試験対策


薬剤師ニュース

Googleニュース
Yahoo!画像
Google画像
goo画像
YouTube動画
Yahoo!動画
infoseek動画
掲示板
ブログ
amazon
楽天
ヤフオク

診断ガイド


お知らせ

ここを友達に教える
リンクフリーです
自動リンク
宣伝掲示板

治療記


おすすめ


紅茶
簿記

ぜんそく
エクセル
ドライブ
タイピング
スノボ
ロボット
怪談
フィギュア
アイドル
ゲーム
アニメ
mp3
映画館
自転車
料理
ピアノ

Firefox


Powered by
Dr.Blog
目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]
Loading...

薬剤師(やくざいし、 PharmacistChemist)とは、主に薬剤の取扱い、薬事業務を司る専門職であり、化学者でもある。 一般に薬剤師として「 Pharmacist」という名称は米国等で用いられ、英国オーストラリアニュージーランドでは伝統的に薬剤師は「 Chemist」と称される。医師歯科医師とともに、医療3師(医療系3大専門職)の1つ。以下、主に日本の薬剤師について述べることとする。

歴史

東洋では古来より「薬」を扱うものは同時に「医」を扱うものとしてあり「薬師如来」としてあるように医師でもあった。

一方で、西洋では1240年フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝) によって医師が薬局を持つことを禁止した法令が交付され、これが医薬分業と薬剤師の起源とされている。これは処方と調剤を分離し、暗殺を防止することが目的であったという説が有力であるが、現在においても患者の薬漬けや処方ミスの防止を目的に世界的に行われている。

日本では1874年に「医制」を制定し、「医師たる者は自ら薬をひさぐことを禁ず」とされ、政府がドイツ医学に倣い医薬分業を推進しようとした。これに伴い薬局開業には「薬舗主」試験の合格が必要となった。これが日本の薬剤師の原形である。

1889年には「薬品営業並薬品取扱規則」(薬律)が制定され、「薬剤師」と呼ばれるようになった。一方で医師の自己調剤が認められるように規定された。現在も薬剤師法・医師法により医師の自己調剤が一部認められており、完全な医薬分業にはなっていない。

しかし、1974年から処方せん料が大幅に増額され、再び医薬分業が政府により推進されている。

薬剤師の業務

薬剤師法第1条には、「調剤医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどる」とされている。 薬剤師は単なる医療従事者としてだけではなく、環境衛生全般の業務に携わっている。

調剤

薬剤師法第19条により、「薬剤師でない者は、販売又は授与の目的で調剤してはならない。」とされている。調剤とは、薬局や病院の調剤所において医師等の処方箋に基づき医薬品を交付することであるが、これに付随する様々な業務が要求される。

医薬品の製造販売

薬事法第17条により、医薬品の製造販売にあっては薬剤師を置かなければならず、これは医師・歯科医師・看護師・獣医師など他の者が代わることができない。従って、法令上日本の医薬品供給に不可欠な者であり、この規定から、製薬メーカーでは、薬事法の規定で工場ごとに薬剤師を置いている。

なお、製薬メーカーが医療機関への営業活動の際に商品に関する専門的な説明を行う、医薬情報担当者(MR(旧プロパー))と呼ばれる職種があるが、これは薬剤師でなくても受験資格があり、必ずしも薬剤師であるとは言えず、日本国内では薬剤師MRは約1割である。また、MRは文系出身者も多い。

一般用医薬品の小売

処方箋による調剤を行う「薬局」のみならず、調剤を行わず一般用医薬品のみを販売する「一般販売業」においても、 営業時間内は店舗に薬剤師を配置することが薬事法及び「薬局及び一般販売業の薬剤師の員数を定める省令」によって義務付けられている。一般販売業における営業時間内の薬剤師の不在という違法事例が頻発したため、1998年に厚生省から禁止を徹底させる局長通知が出された。

但し、ドラッグストアの一部にある「薬種商販売業」や、乗り物酔いや簡便な医薬品を販売する空港・港湾の売店や離島などの「特例販売業」、 そして「配置販売業」には配置義務はない。薬剤師配置義務のないものは医薬品の安全管理ができないため、販売できる医薬品が制限される。

尚、この制度は2006年6月の薬事法改正により、2009年までに変更される見込みである。

新薬の研究開発

新薬の研究開発は総合科学であらゆる学部出身者が関わっている。製薬企業の研究所では薬学部出身者以外に理学部工学部農学部医学部歯学部看護学部獣医学部出身者などが研究開発に参加しており、薬学出身者の数が飛び抜けて多い訳ではない。

新薬上市前の治験業務は臨床現場の医師・薬剤師・看護師等が重要な働きをする。

専門薬剤師

医学薬学化学が発展した現代において、感染症の分野だけでも、専門家として把握すべき情報は非常に大きい。このため、感染制御薬剤師は、消毒薬と抗生物質などの専門家として、活躍することが期待されている。
医師による抗がん剤の誤投与事故が多発しており、抗がん剤の専門知識を持った薬剤師を育成することにより、薬剤師にチェック機能を持たせる事を目的としている。

保健所職員

薬局や病院の開設許可業務、食品衛生監視業務や環境・衛生に関する分析業務などを行う。

麻薬取締官

麻薬取締官の頁参照。

学校薬剤師

学校保健法の定めにより大学を除く学校に置くことが義務づけられている。多くは非常勤で、薬局などの薬剤師が兼務している。

水質・照度・空気の検査、給食施設の衛生管理等を行うほか、薬物乱用防止教育などを行う場合もある。

薬剤師以外の仕事

大学では、薬剤師免許の他に、中学校教員免許理科)と高等学校教員免許(理科)を取得できるところもあり、薬剤師免許を取得して教員をしている薬剤師もいる。

薬剤師になるには

薬剤師となるには、原則として大学において6年制の薬学部を卒業しなければならない。さらにその後、薬剤師国家試験に合格する必要がある。

薬剤師国家試験は、厚生労働省医薬食品局監修で、毎年3月末に2日間にわたって行われる。問題は全部で240問あり、その内訳は基礎薬学が60問、衛生薬学が40問、薬事関係法規・制度が20問、医療薬学が120問(薬理学30問、薬剤学30問、 病態・臨床薬学60問)である。平成8年より現在の形で行われている。合格ラインとしては、現行では正解率65%(156問正解)かつ各科目全てが35%としているものの、今後、薬剤師の飽和が叫ばれていることから、合格ラインの引き上げを予想する者もあるが、先行きは不透明である。

薬剤師に付与される資格

  • 有試験(特別の配慮がある)


薬学に関してはシロウトの人間ですが、 手に取って見て、なんて分かりやすい本なんだろう!と感動し購入しました。 本のタイトルが非常に堅いですが、 文字の大きさや適度なイラストなどのおかげで、 薬学検定など知らなかった自分が、検定を受けようと思うようになれた一冊です。 適度に例題なども載っており、 問題集と併せて購入すれば尚、検定に向けてやる気が出ると思います。

薬剤師をテーマにした珍しい漫画。病院薬剤師の仕事の醍醐味を味わえるので病院実習前に読むといいかもしれません。ただ少女漫画風なタッチなので男性が読むのは辛いです。あと、ここで扱ってる薬剤師の仕事は大学病院とか極めて高度な医療機関に限定されてるのも事実。実際の仕事とは若干異なっているかもしれません。

急に薬理学の知識が必要となった私にとっては救世主的存在でした。 全く薬理の知識のない方から、薬剤師の方まで充分満足していただける内容だと思います。 「サルでも分かる薬理学・・?」といった印象です。 簡潔にまとまった図と読みやすい文章で、暗記することなく、すんなり頭に入りますよ。

沖縄を背景に活躍する薬剤師の話である。沖縄というローカルな雰囲気の中で、口語調で耳触りのよい文体で書かれている。平易な文章で薬の知識、薬局や病院の仕組が描かれていて、今の時代にマッチした一冊だと思います。軽い読み物としておすすめ。

薬剤師となって大分たち日々の業務に追われ不勉強のため、なにか勉強できるいい本はないものかと思いこの本を購入しました。設問式で自分がどこがわかっていないのかがわかり、またポイントも整理されていて詳細に学べるところがよかったと思います。ただ疾患が10項目しかないので、他に心臓病とか眼科領域の疾患などの項目があればいいなと思いました。続編がでればぜひ購入したい本です。

刺激的な文章が続き大変面白く一気に読ませる。ただ、内容は発表済みの事実に基づいており、その意味で決して暴露本ではない。素晴らしいのは医療のあるべき姿を見据えた筆者の見識の高さであり、医療をそして製薬会社を救うための処方箋として、製薬会社が医師の教育をしてはいけない、プラセボ比較の臨床試験は良くない、臨床試験を製薬会社に任せてはいけない、など言わば専門家の常識とは正反対の瞠目すべき論説が展開されている。一般の人にも勿論おすすめだが、感情的になって過度の医療不信に陥らないように。大変丁寧な訳注が付けられているが、日米の医療の違いについての理解も必要。

一言で言うと、「実習講座を受けた後」のような読後感。 本で、理論と現場感の両方を欲張ると、中途半端になりがちですが、 著者のストーリー展開は、常に視野は広く保ちつつも、ちょっとやり過ぎなくらいに「手ほどき」的な老婆心コメントが随所にあり、まるで、書き込みやマーカーで塗りつぶした自作ノートのような、お役立ち感があります。 さらに、要所要所でゲスト講師が登場し、 まさに「実務蓄積+業界人脈+論理体系」の3つ全てが備わっている人 でないと書けない本です。他にこんな本はないでしょう。

就職活動に際して、MRの仕事に興味を持ち購入しました。MRの職種理解にとても役立ちました。  第1章では、外資系と内資系の違いや薬価のことなど、医薬品業界に関しての説明・MRを目指すのなら知っておくべきことが書かれています。その後、「MRは具体的にどういう仕事か」「激務なのか」等、筆者と筆者の知り合いのMRの経験をもとに、MRの実際について触れられています。また、「どのようにしてMRになるのか」「会社選びの基準」「入社後、どのような研修があるのか」等も詳しく書かれています。  このように内容が盛りだくさんの上、MRのメリットとデメリットが分かりやすく示されていて、MRへの理解が深まります。


基礎編・副作用臨床編・症例実例編の3部構成ですが、そのほとんどは症例実例編です。 症例実例編は血液・肝・腎等、臓器別に分かれ、まず病態生理・疫学などの解説をやり、 その後、症例が臓器ごとに2〜10例あります。 症例は検査値などの羅列のみでなく、そのときの医師と薬剤師のやりとりなども記載され、 臨場感があり、非常に勉強になります。
あくまで薬剤師の目から見た病院の内情、病棟の人間関係などが よくわかる。 僻地の病院が、あの手この手で人手不足を補っている現状を国は どう考えているのだろう。
正解が存在する学生生活から答えの決まっていない創薬という企業の荒波に入って、感性と自分の判断力を拠り所に創薬を実践していくこの書は、研究だけではなく営業に携わる人にも実践マーケティングの教科書といえる。ある化学物質を臨床の現場と結び付け従来の考え方と全く違う領域の薬を創造していく方法は、まさに、マーケティングの現場にいる人間のお手本だ。
この本に書かれている質問は患者さんからよくされるものです。 が、薬剤師によって答え方が様々であって薬局内で統一すべきだったと思っていたのですが、なかなか時間がなくマニュアルつくりができていなかったところへ、この本を購入しました。 ”点眼液が一滴何mlであるので・・・”とか、特に新人薬剤師にとって知りたい内容がわかりやすく書いてあったのでとても重宝してます。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク